Our vision is...

Close the gender gap by
empowering and educating women
in the technology field.

Thank you for visiting our Web page!

私たちはテクノロジーによって、

日本のジェンダーギャップを解決します

Waffleは、女子中高生へより多くのIT・STEM教育の機会を提供します。
現在、IT業界における女性技術者の割合は15%以下。 また、日本のSTEM分野(理系分野)の学部の男女比はOECDワースト2位です。大学時ですでに男女比が偏っている現状を変えるべく、私たちは中高生の段階から技術とふれあう機会を提供し、進路に関わるエンパワメントを行います。
Waffleは、このような活動を通じて、性差でなく能力や人として女性が尊重される社会を目指しています。

Mission

私たちの使命

Unlock women’s potential and make an impact in the world together with them.

女性の可能性を解き放ち、ともに世界に影響を与える

Vision

目指していること

Close the gender gap by empowering and educating women in the technology field.

テクノロジー分野の教育とエンパワ−メントを通じ、ジェンダーギャップを是正する

What we do

活動内容

Technovation

アメリカ・サンフランシスコ発祥の10代女性を対象にしたアプリコンテストの日本チームのサポートを毎年行なっています。2017年からサポートをはじめ、2019年には日本チームがセミファイナルまで出場しました。

詳しくはこちら

女子中高生向けイベント

女子中高生を対象に、4日間のプログラミングブートキャンプや、2日間のハッカソンなどのIT・STEMイベントを開催しています。これまで、協賛企業とともに150人の学生にリーチしました。

詳しくはこちら

News

最新情報

SDGsにテクノロジーで貢献している日本の事例2選!

みなさんSustainable Development Goals(SDGs:エス・ディー・ジーズ)という言葉は聞いたことがありますか?ここ最近ようやく日本でも馴染みが出てきた言葉かと思います。そんなSDGsにテクノロジーで貢献する、とは具体的にどういったことを意味するのでしょうか?本記事では、SDGsをテクノロジーを用いて解決しようと試みている日本の事例をいくつか紹介していきます。

Read more

海外でテック業界のジェンダーギャップを埋める取り組みまとめ

「テック業界は女性が少ない」このように感じる人は多いのではないだろうか。Stratista: GAFAM , Women Still Underrepresented in Techの2020年の調査によると、大手ITグローバル企業の女性技術者の割合は20%前後といわれている。 (一番右の緑の部分が女性技術者の割合を表す) 今後社会はあらゆるものがデジタル化し影響力が増すテック業界において女性が少ないという問題は、多様性という観点でもイノベーションという観点でも課題だと認識されている。このジェンダーギャップを是正するためには、テック業界で技術者として働きたいという女子学生の母数を増やすか、すでにテック業界で働いている女性技術者の離職率を下げるかと大きく二つに分かれる。 今回は前者の海外のコンピュータサイエンスの学部を選択する女子学生を増やす活動を紹介する。

Read more

ITやSTEM分野での女性のロールモデルの重要性

日本では、理数系を専攻する女子が少ない。「リケジョ」と呼ばれているのも珍しいからだ。文部科学省・平成25年度学校基本調査(速報)によると、日本の大学で理学部・工学部に所属する女子学生の割合は、全体のわずか14.7%。日本だけでなく世界各国でもSTEM分野※を専攻する女性の少なさは問題視されているが、日本のSTEM分野※を専攻する女性の割合はOECD加盟国内で最低レベルである。 より多くの女子学生がSTEM分野に興味を持つために、政府は様々な施策を行っている。そのうち、よく話題に挙がる「ロールモデルの存在」は課題の解決につながるのだろうか。 ※科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)の略でいわゆる理系科目

Read more

Partners

協力企業

Support

支援・寄付

今後Waffleは、女子学生にICT関連の仕事の間口を広げ
キャリアイメージを持ってもらうムーブメントを起こして行きます。
ぜひ皆さまからのサポートをお待ちしております!

寄付で応援する

最新情報をメールマガジンで受け取る