Author: 事務局Waffle

Close the gendergap

Created with Sketch.

SDGsにテクノロジーで貢献している日本の事例2選!

みなさんSustainable Development Goals(SDGs:エス・ディー・ジーズ)という言葉は聞いたことがありますか?ここ最近ようやく日本でも馴染みが出てきた言葉かと思います。そんなSDGsにテクノロジーで貢献する、とは具体的にどういったことを意味するのでしょうか?本記事では、SDGsをテクノロジーを用いて解決しようと試みている日本の事例をいくつか紹介していきます。

海外でテック業界のジェンダーギャップを埋める取り組みまとめ

「テック業界は女性が少ない」このように感じる人は多いのではないだろうか。Stratista: GAFAM , Women Still Underrepresented in Techの2020年の調査によると、大手ITグローバル企業の女性技術者の割合は20%前後といわれている。 (一番右の緑の部分が女性技術者の割合を表す) 今後社会はあらゆるものがデジタル化し影響力が増すテック業界において女性が少ないという問題は、多様性という観点でもイノベーションという観点でも課題だと認識されている。このジェンダーギャップを是正するためには、テック業界で技術者として働きたいという女子学生の母数を増やすか、すでにテック業界で働いている女性技術者の離職率を下げるかと大きく二つに分かれる。 今回は前者の海外のコンピュータサイエンスの学部を選択する女子学生を増やす活動を紹介する。

ITやSTEM分野での女性のロールモデルの重要性

日本では、理数系を専攻する女子が少ない。「リケジョ」と呼ばれているのも珍しいからだ。文部科学省・平成25年度学校基本調査(速報)によると、日本の大学で理学部・工学部に所属する女子学生の割合は、全体のわずか14.7%。日本だけでなく世界各国でもSTEM分野※を専攻する女性の少なさは問題視されているが、日本のSTEM分野※を専攻する女性の割合はOECD加盟国内で最低レベルである。 より多くの女子学生がSTEM分野に興味を持つために、政府は様々な施策を行っている。そのうち、よく話題に挙がる「ロールモデルの存在」は課題の解決につながるのだろうか。 ※科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)の略でいわゆる理系科目

新型コロナ対策無料プログラミング学習サービスまとめ

新型コロナウイルスの感染の拡大を受けて、外出自粛をされている方で、この機会にプログラミングを学ぼうと思ってる方、ぜひ下記の中から自分に合うものを見つけてプログラミング学習はじめてみてください。

STEM分野の女性が少ないのは何故?おもちゃ×ジェンダーを考える

現在、日本でのSTEM分野(”Science, Technology, Engineering and Mathematics” すなわち科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する語)での高等教育や職種では、女性が男性より少ない傾向があります。中には、男性のほうが女性より数理を得意とする傾向が生まれつきあるからだという意見もあります。それはいつから始まるのでしょうか? 一つの説としては、幼少期のおもちゃと周りの大人が与える情報などが起因していると考えられています。 目次 乳幼児期のおもちゃに関する思い込み ジェンダー・ニュートラルかつSTEM教育に適したおもちゃとは 未来に向けて Twitterフォローお願いします!

Waffleでは皆様の寄付によるサポートをお待ちしております!

Waffleは、ジェンダーギャップを社会全体で解決されるべき課題と捉え、一般社団法人として活動しています。今後、女子中高生対象にムーブメントを起こし続けていくためにも、ご支援を宜しくお願い致します! こちら(https://syncable.biz/associate/555/)からお待ちしております。

ジェンダーギャップ指数にみる女子STEM教育の重要性

2019年12月16日に世界経済フォーラム(WEF)から世界ジェンダーギャップレポート 2020が発表されました。日本が前回の調査よりさらにランクを下げて153ヵ国中121位となり、先進国のみならず途上国も含めてかなり低い順位であることをニュースで耳にした人も多いのではないでしょうか。今回は、この結果やレポート内容に関する私たちの考察をお話したいと思います。 「ジェンダーギャップレポート」とは何か 世界経済フォーラムは2006年から、ジェンダーによる不均衡(disparity)を「経済」「教育」「健康」「政治」の4分野で評価したレポートの発表を始めました。「不均衡(disparity)の評価」と定義していることからも、不均衡が現実に存在して女性が不利な立場にあるということが大前提となり、不均衡と不平等を解消するための定期レポートと言えるでしょう。

【お知らせ】常勤ボランティアを募集します!

追記(2020/1/28)おかげさまで定員に達しましたのでこちらは終了致しました。 ===== 現在、Waffleでは大学生・社会人ボランティアを募集しています。ジェンダーギャップに真剣に取り組む法人として、行政・企業を巻き込んで一緒にムーブメントを起こしていく方をお待ちしております!

【イベントレポート】女子中高生100名!SDGsの課題をテーマにハッカソンを開催しました(後半)

2019年11月9日から10日の2日間にかけ、全世界の女性にSTEAMED教育(*)を推進するアフリカ系NPOであるiamtheCODEの皆様とともに、10代の女子学生を対象に「『SDGs』の課題をプログラミングを通して解決する」というテーマのハッカソンを開催いたしました。 日本の女子学生に「テクノロジーの楽しさを知ることや、地球全体の問題に目を向ける機会を提供したい!」という強い思の込められたハッカソンでしたが、当日は約100人の参加者のそれを上回るような熱意に圧倒されました。 (1日目の様子はこちら) —2日目のスケジュールはこちら— アクティビティ ディスカッション コーディング プレゼンテーション 結果発表と総評

OECD学習到達度調査発表!日本の女子の理系到達度とジェンダーギャップは?

こんにちは、一般社団法人Waffleです。私たちは、「STEM(Science/ Technology/ Engineering / Mathematics) 分野への進学・就職を選択する女子学生を応援する」ことをミッションに日々活動しております。 先日、OECDの学習到達度調査(The Programme for International Student Assessment 、通称PISA)の2018年の結果が発表されました。PISAの結果は、教育の現状を考察する上で一つの大きな指標となります。今回の記事では、PISAの結果から理系科目(数学的リテラシーと科学的リテラシー)とジェンダーギャップに関する示唆を共有します。